携帯2台もち

携帯代が払えないという人の多くは通信費を節約しようという意識があっても行動が伴っていない人が多いと思います。

 

携帯電話を2台持っている人がいます。1台はビジネス、もう1台はプライベートという人もあるでしょうが、そうでなく2台ともプライベートという人がいます。

 

2台も携帯電話を持つと料金も2倍かかるというイメージを持ちます。確かに下手に2台持つとそういうことになり節約どころの話ではありません。

 

ですが、実際には2台持つことでより節約できる方法というのも存在しているのです。携帯代が払えないのではと思っているような人は一度検討してみても良いかもしれません。

 

それは1台はガラケーにして完全に通話の専用にする。もう1台は通話をしないデーター通信専用の携帯にするというように使い分けるのです。

 

既に1台は携帯を持っているでしょうから新規で1台を端末代が0円のガラケーを契約して現状の携帯電話をプラン変更する、もしくはいま話題の格安スマホに乗り換えてデーター通信だけ行えるようにするといった契約をすると良いのです。

 

実際にプランはキャリアによってもいろいろと違いますが節約のためにしっかりとチェックをしていくと必然的にどう契約をしたら良いのかが見えてくるはずです。

 

こうすると2台携帯電話を持っていても1台しか持っていない人よりも節約をすることが可能となり携帯代も2台で5,000円以下で毎月をクリアするのも全然平気で行けるのです。ただし、2台持つので多少はかさばるとか邪魔になるということも感じるかもしれません。

 

それでも、節約のためならOKと言えるのではないでしょうか。

関連ページ

携帯を乗り換えて節約する
キャリアを乗り換えるということは携帯代の節約につながり、携帯代が払えないという世界から脱却できる可能性があるのです。
子供名義の携帯代が払えない
子供名義の携帯代を保護者が払えないというような事態になった場合には気をつけておきたいことがあります。
携帯代が払えないと家のローンも組めない
携帯代が払えないと信用情報に履歴が残ってしまうということになります。ということは、クレジットカードも作れないし家のローンも組めないようになるのです。
携帯代未納と自己破産について
携帯代が払えないというだけで自己破産をするという人はいないでしょうが、理由があり自己破産した場合は抱えている債権のほとんどが免除対象とすることになるでしょう。
ゆとりをもった生活をするために
よく人がやっているから自分もやるという考え方をする人もいますが、人は人で自分とは一緒ではないということを理解しなくてはいけないのです