携帯代未納と債務整理や自己破産

 

借金を抱え込んでしまった人には債務整理をするという方法があります。
特定の債務を免除してもらったり全ての債務を免除してもらうことが一定の条件が整っていれば行うことが出来るのです。もちろん、債務整理を行うと社会的な信用は落ちると思って間違がないこととなりますので軽々しく行うものではないということは言えると思われます。

 

債務整理の中には自己破産というものがあります。
携帯代が払えないというだけで自己破産をするという人はいないでしょうが、どうしても自己破産に至ってしまった場合は抱えている債権のほとんどが免除対象とすることになるでしょう。その中には携帯代の未納分というもの含まれてくるでしょう。

 

自己破産をすると当然、カードの作成やローンを組むということなどは一定期間において全くできなくなります。いわば社会的な信用をなくしているので社会的な制裁を受けるようなものです。携帯電話に関しても同じことがいえます。携帯代未納で自己破産をすると利用していた携帯は当然解約となります。

 

そのうえ、自己破産の処理が終わり落ち着いても携帯電話の契約はどこのキャリアとも契約はできなくなります。つまり、自分名義では携帯電話を持つことが出来ないということになるのです。これは現代の携帯電話やスマホがここまで普及している社会においては相当に不便だということを覚悟しておかなくてはいけません。なお、自己破産の時に携帯代が払えないというようなこともなくしっかりと支払いを完了していた人はこの限りではありません。

関連ページ

携帯を乗り換えて節約する
キャリアを乗り換えるということは携帯代の節約につながり、携帯代が払えないという世界から脱却できる可能性があるのです。
携帯電話を2台持つということ
携帯電話を2台持つことでより節約できる方法というのも存在しているのです。携帯代が払えないのではと思っているような人は一度検討してみても良いかもしれません。
子供名義の携帯代が払えない
子供名義の携帯代を保護者が払えないというような事態になった場合には気をつけておきたいことがあります。
携帯代が払えないと家のローンも組めない
携帯代が払えないと信用情報に履歴が残ってしまうということになります。ということは、クレジットカードも作れないし家のローンも組めないようになるのです。
ゆとりをもった生活をするために
よく人がやっているから自分もやるという考え方をする人もいますが、人は人で自分とは一緒ではないということを理解しなくてはいけないのです