携帯代が払えないと家のローンも組めない

携帯代が払えないという事になり放っておくと携帯が止められて、それでも支払いをせずにいると強制解約ということになります。強制解約になったら払わなくては良いというわけでもなく時効を迎えるまでは必ずどこかのタイミングで支払いは行わないといけないということは変えようがないことです。

 

一番気にしておかなくてはいけないのは携帯代を払わなかったということが全ての人生設計を狂わす可能性があるということです。携帯代くらいでと思うかもしれませんが、強制解約までされてしまう状況になると多くの人の場合、携帯端末を分割で購入していることになっていますので商品を購入したけれどもお金を支払わなかったということに等しい扱いとなるのです。

 

そのため、信用情報に履歴が残ってしまうということになるのです。信用情報がまともでなかった場合には新規でクレジットカードの作成もできなくなりますし、車を購入しようと思ってもローンが組めないということも起こりますし、人生で最大の買い物と言われる住宅の購入をするためにローンを組もうと思っても断られるというようなことも起こりうるのです。

 

こうなってくると欲しいものをローンやカードで購入することが出来ない生活を強いられるということにもなり現代の社会ではかなり不便な生活をしなくてはいけないということになるのです。考えてみれば少しの額の携帯代が払えないということで人生設計を大きく変更しなくてはいけない可能性もあるのですから間違っても携帯代の滞納はしないように気をつけていきたいものです。

関連ページ

携帯を乗り換えて節約する
キャリアを乗り換えるということは携帯代の節約につながり、携帯代が払えないという世界から脱却できる可能性があるのです。
携帯電話を2台持つということ
携帯電話を2台持つことでより節約できる方法というのも存在しているのです。携帯代が払えないのではと思っているような人は一度検討してみても良いかもしれません。
子供名義の携帯代が払えない
子供名義の携帯代を保護者が払えないというような事態になった場合には気をつけておきたいことがあります。
携帯代未納と自己破産について
携帯代が払えないというだけで自己破産をするという人はいないでしょうが、理由があり自己破産した場合は抱えている債権のほとんどが免除対象とすることになるでしょう。
ゆとりをもった生活をするために
よく人がやっているから自分もやるという考え方をする人もいますが、人は人で自分とは一緒ではないということを理解しなくてはいけないのです