子供名義の携帯料金が払えない

今時は誰でもが携帯電話を持っているような時代となっています。お年寄りには画面が見やすい携帯もあり操作もしやすくなって普及も進んでいるようです。

 

また、子供においても小学生でも携帯電話を持っているというパターンも結構見受けられます。子供が携帯電話を持っている人は当然ですが料金は保護者が支払うということが一般的でしょう。ただ、中には名義は子供の名義にしているという人も結構いるようです。

 

保護者が子供の携帯代もしっかりと支払いを行っているのであれば特に問題となるようなことはないのですが、保護者が携帯代を払えないというような事態になった場合には気をつけておきたいことがあります。仮にいつもの支払いは保護者が行っていて何らかのタイミングで携帯代が払えないというようなことになった場合は名義が子供なので信用情報に関しては子供が払えなかったという扱いになるのです。

 

何も知らない子供が全く気がつかないうちにブラックリストに乗る可能性があるということです。これはあんまりな話です。こんなことがないように子供に携帯を持たす場合も名義は保護者の名義にしておくということが大切です。現状、子供名義の携帯電話にしている人でも手続きを行えば名義変更は直ぐにできるようですので一度確認をしておいた方が良いかもしれませんね。いずれにしても携帯代が払えないというようなことが起こらないように携帯電話の契約の際にはプランや端末代に関してしっかりと把握しておくことが必要です。

関連ページ

携帯を乗り換えて節約する
キャリアを乗り換えるということは携帯代の節約につながり、携帯代が払えないという世界から脱却できる可能性があるのです。
携帯電話を2台持つということ
携帯電話を2台持つことでより節約できる方法というのも存在しているのです。携帯代が払えないのではと思っているような人は一度検討してみても良いかもしれません。
携帯代が払えないと家のローンも組めない
携帯代が払えないと信用情報に履歴が残ってしまうということになります。ということは、クレジットカードも作れないし家のローンも組めないようになるのです。
携帯代未納と自己破産について
携帯代が払えないというだけで自己破産をするという人はいないでしょうが、理由があり自己破産した場合は抱えている債権のほとんどが免除対象とすることになるでしょう。
ゆとりをもった生活をするために
よく人がやっているから自分もやるという考え方をする人もいますが、人は人で自分とは一緒ではないということを理解しなくてはいけないのです