携帯を乗り換えて節約する

 

携帯代が高いから払えないということが起こってしまうというのは一理あります。

 

多くの人の場合、携帯電話を機種変更するときは一度契約をしたキャリアを変更することなく継続して購入します。

 

その際の端末代はかなりの高額で一括では購入できないので毎月の分割にするというパータンが多いでしょう。これでは毎月の携帯代をいくら節約しようと思っても最低でも5,000円を切るということは難しくなってきます。

 

そこでオススメの方法は電話番号を変更することなく携帯のキャリアを乗り換えるという方法です。

 

どこのキャリアでも他社キャリアからの乗り換えをする人に対してはかなりの高待遇をしてくれます。

 

たとえば、

  • 携帯の端末代をほぼタダに等しい金額にしてくれるとか
  • 毎月の利用料金の値引きがあるとか
  • キャッシュバックがある

といった具合です。

 

これはキャリアを変更しないで機種変更をした人には受けられないサービスです。

 

つまり、キャリアを乗り換えるということは携帯代の節約につながり、携帯代が払えないという世界から脱却できる可能性があるのです。

 

何しろ端末代がほぼタダなので分割の必要もなく一括で購入ができます。そのうえに月々の割引が生まれてくる可能性があるので言うことはありません。現状の携帯の解約料が取られるとしてもキャッシュバックで補填できてしまいます。

 

乗り換えは2年おきに行うというのが理想です。キャリアでは契約に関して2年縛りが普通だからです。2年したらまた違うキャリアに乗り換える。これが一番ベストなのです。

関連ページ

携帯電話を2台持つということ
携帯電話を2台持つことでより節約できる方法というのも存在しているのです。携帯代が払えないのではと思っているような人は一度検討してみても良いかもしれません。
子供名義の携帯代が払えない
子供名義の携帯代を保護者が払えないというような事態になった場合には気をつけておきたいことがあります。
携帯代が払えないと家のローンも組めない
携帯代が払えないと信用情報に履歴が残ってしまうということになります。ということは、クレジットカードも作れないし家のローンも組めないようになるのです。
携帯代未納と自己破産について
携帯代が払えないというだけで自己破産をするという人はいないでしょうが、理由があり自己破産した場合は抱えている債権のほとんどが免除対象とすることになるでしょう。
ゆとりをもった生活をするために
よく人がやっているから自分もやるという考え方をする人もいますが、人は人で自分とは一緒ではないということを理解しなくてはいけないのです