携帯やスマホの料金未払いや滞納と時効について

時効という言葉をよく耳にすることがありますが、時効は色々なものにあります。

 

携帯やスマホの電話料金の未払い未納についても時効はあります。もしも携帯料金が払えないとなって請求書が来ても支払わず、強制的に解約されても支払わず、その後の催促も全く無視して支払いをしなかったとしたらいずれ時効がやってくるということになります。

 

いわば借金を踏み倒すという行為と同じことを行っていることにあります。携帯料金の未払いに関する時効は5年となっています。簡単に言うと5年間支払いをせずに逃げ切ったら時効が成立して債権が消えるということになるのです。

 

ただ、5年経ったから勝手に時効が成立して、その後は晴れて何でも出来るというわけではありません。きっちりと携帯電話のキャリア(ドコモ、ソフトバンク、AUなど)に対して時効の成立の申し立てを行ったりしなくてはいけないのです。

 

携帯料金の未払い・未納で払ってない状況から5年間支払を行わなかったとしたらその間に信用情報には傷がつきどこの携帯電話やスマホも契約できずにローンも組めない、カードも作れないというような状況になっているはずです。

 

仮に5年立って時効が成立してもこの状態が全てクリアにはならないということを理解しておきましょう。少なくとも携帯電話に関してはどこのキャリアでも契約はできない可能性はあると思っておいたほうが良いでしょう。

 

携帯やスマホ料金未払いの情報は各キャリアで共有

携帯料金未払いの情報を各携帯・スマホ・PHS業者間で共有しているのはご存知でしょうか?
各事業者とも未払いをされると非常に困るわけです。お互いの利益のためにも未払い者の情報を共有するのは理に適っています。

 

この未払い情報の共有は5年で消えると言われていますが、各キャリアのデータからは自社の未払い情報は消えることはありません。たとえ5年以上前の未払い記録であっても延々と残り続けるのです。

 

例。
8年前にソフトバンクで携帯料金の未払いをした。

未払い情報が各業者間で共有されているのでソフトバンクだけでなくドコモやAUでも新たに契約することができない。

3年前に各業者間での未払い情報共有は抹消。

ソフトバンクでは未払い情報を持ち続けているので新たに契約はできない。

 

※(ボーダフォンは2006年にソフトバンクに売却しましたがまるっと情報は受け継がれましたのでボーダフォン時代の未払い経験者も新たに契約はできません)

 

過去の負の歴史というのはずっと維持されるのです。お金を支払うつもりがないであろうと思われるような人には誰もどんなお金が絡んだ契約はしてくれないのです。

関連ページ

支払いがきつい時ってどんなとき?
携帯代が払えない状況というのは当然ですが普通の状態ではありません。支払いが厳しい時は財布の中身である家計が逼迫している時だということが言えるでしょう。
払えないとどうなるのか
どれだけ考えても、どれだけ工面してみても携帯代が払えないということがあるかもしれません。前もって払えないとどうなるか分かっていればその状況を避けるようになるので知っておいて損はないはずです。
信用情報に傷がつく
強制解約になると携帯電話が利用できないのはもちろんの事として他にも支障が出てきます。信用情報に傷が付くのです。
携帯代が払えない時の対処方法
携帯代が払えないというような状況は作ってはいけないのですが、どうしてもそうなってしまった時には携帯電話を止められてしまうというようなことだけは避けたいものです。