どれだけ工面してみても厳しい

どれだけ考えても、どれだけ工面してみても携帯代が払えないということがあるかもしれません。

 

冠婚葬祭などの思いがけない出費というものがあったりすると予定通りに生活が出来なくなってしまうものです。もしも、携帯代が払えないということなら、いつなら払えるのかということを合わせて考えておきましょう。

 

毎月の支払日に携帯電話料金を支払いができなかったとしてもいきなり携帯電話を止められてしまうというようなことはありません。指定日に入金が確認できないと数日するとか必ず契約をしている携帯電話のキャリアから携帯代の入金の確認が出来なかった旨と再請求の通知が送られてきます。

 

そこには改めて支払期日が設定されています。その期日までに支払を行うことができれば何も問題なく事態は進行していきます。

 

ここで支払いができないと翌日には携帯電話は一時的に止められてしまいます

 

その後に支払いできるお金を工面して支払いを行えば元通りに携帯電話は使用できるようになります。ただ、この時点でも支払いを行わず1ヶ月2ヶ月と放っておくと今度は強制的に解約をされることになります。

 

解約をされたら他のキャリアで新規契約をしたら良いという甘い考えを持っている人もいるようですが、それはできません。

 

キャリア同士で延滞情報は筒抜けになっているので契約はできないのです。

 

更に放っておくと今度は裁判沙汰になることもあるので覚悟をしなくてはいけません。詐欺罪で訴えられるのです。当たり前ですが使ったものはお金を支払うということは消えないのです。

 

携帯代が払えない場合の窮地を乗り切る方法|トップページ

関連ページ

支払いがきつい時ってどんなとき?
携帯代が払えない状況というのは当然ですが普通の状態ではありません。支払いが厳しい時は財布の中身である家計が逼迫している時だということが言えるでしょう。
信用情報に傷がつく
強制解約になると携帯電話が利用できないのはもちろんの事として他にも支障が出てきます。信用情報に傷が付くのです。
携帯代が払えない時の対処方法
携帯代が払えないというような状況は作ってはいけないのですが、どうしてもそうなってしまった時には携帯電話を止められてしまうというようなことだけは避けたいものです。
携帯料金の未払いや滞納に時効はありますが。。
携帯料金の未払い・未納・滞納には時効があります。だからと言って携帯やスマホの料金を踏み倒すといいことはありません。代金の未払い・未納・滞納経験がある方は時効も気なりますがまずは読んでいただけらばと思います。