支払いが厳しい時の対処方法

 

携帯代が払えないというような状況は作ってはいけないのですが、どうしてもそうなってしまった時には携帯電話を止められてしまうというようなことだけは避けたいものです。

 

そのためにはどのよう対策を考えればよいのでしょうか。すでに携帯代が払えないというような現実が目の前にある場合には持っているクレジットカードに付帯しているキャッシング機能を利用するとか、新たにカードローンなどを申し込んで見るということをしたほうが良いかもしれません。どうにかして携帯代を支払ってしまう方法を考えるほうが滞納をしてしまうことよりは長い目で見るとずっとマシだと思えるからです。

 

数日もしくは1ヶ月後には困らないような収入があるというのなら一定期間金利が乗ってこないカードローンなどを利用してみるというのもリスクがなくて良い選択だともいえます。自分に合ったカードを利用するということを積極的に検討してみることも大切なのです。また、クレジットカードを持っている人なら今後のためにも支払い方法を銀行引き落としからクレジットカード決済に変更するというのも一つの手かもしれません。

 

クレジットカード払いにしておけば携帯代が払えないということは起こる確率は低くなると思えるからです。いずれにしても携帯代の滞納は光熱費を滞納するのと同じくらいに生きていくという上ではリスクが生まれてくる可能性があるのだということを理解して対処していくとうことが大切だと言えるのです。

関連ページ

支払いがきつい時ってどんなとき?
携帯代が払えない状況というのは当然ですが普通の状態ではありません。支払いが厳しい時は財布の中身である家計が逼迫している時だということが言えるでしょう。
払えないとどうなるのか
どれだけ考えても、どれだけ工面してみても携帯代が払えないということがあるかもしれません。前もって払えないとどうなるか分かっていればその状況を避けるようになるので知っておいて損はないはずです。
信用情報に傷がつく
強制解約になると携帯電話が利用できないのはもちろんの事として他にも支障が出てきます。信用情報に傷が付くのです。
携帯料金の未払いや滞納に時効はありますが。。
携帯料金の未払い・未納・滞納には時効があります。だからと言って携帯やスマホの料金を踏み倒すといいことはありません。代金の未払い・未納・滞納経験がある方は時効も気なりますがまずは読んでいただけらばと思います。