信用情報に傷が付くのは避けるべし

携帯電話もスマートフォンの契約台数というものが飛躍的に伸びてきています。便利で色々なことに利用できるので人気があるのはごく当然と言えることでしょう。

 

しかし、このスマートフォンの端末は非常に値段が高いということが知られています。若い人などだと一括払いで購入するというのは無理があるような価格になっています。そのため多くの人が端末を分割払いなどで購入するということになります。

 

その代金は毎月の携帯代に含まれてくるという仕組みです。そのため、毎月の携帯代の支払いが結構な負担になっているという人が多いのです。こうした状況下で携帯代が払えないという事態になると携帯電話は止められ、放っておくと挙句は強制解約ということになってしまうのです。

 

強制解約になると携帯電話が利用できないのはもちろんの事として他にも支障が出てきます。信用情報に傷が付くのです。信用情報とは「この人はお金を貸しても返さない人」というような情報が金融機関に公にされると思ってよいでしょう。

 

そのため、携帯電話についても他のキャリアでの契約もできなくなり携帯電話を持つことも難しくなりますし、ローンを組もうと思っても審査で引っかかったり、新たにクレジットカードなどを作ることもできないというような状況になるのです。

 

携帯代には端末の購入代金も含まれていることも多いため商品を購入してお金を払わなかったという扱いなるのです。携帯代の支払いに関しては簡単に携帯代が払えないで終わらせてしまってはいけないのです。

 

関連ページ

支払いがきつい時ってどんなとき?
携帯代が払えない状況というのは当然ですが普通の状態ではありません。支払いが厳しい時は財布の中身である家計が逼迫している時だということが言えるでしょう。
払えないとどうなるのか
どれだけ考えても、どれだけ工面してみても携帯代が払えないということがあるかもしれません。前もって払えないとどうなるか分かっていればその状況を避けるようになるので知っておいて損はないはずです。
携帯代が払えない時の対処方法
携帯代が払えないというような状況は作ってはいけないのですが、どうしてもそうなってしまった時には携帯電話を止められてしまうというようなことだけは避けたいものです。
携帯料金の未払いや滞納に時効はありますが。。
携帯料金の未払い・未納・滞納には時効があります。だからと言って携帯やスマホの料金を踏み倒すといいことはありません。代金の未払い・未納・滞納経験がある方は時効も気なりますがまずは読んでいただけらばと思います。