止められたら携帯電話は無用の産物

携帯代が払えないということで本当に回線を止められてしまうと携帯電話は無用の産物になってしまう。そんな気がします。

 

何をしようにも何にも使えないのだから持っていても意味が無いということになる。そんな気がしますが、実際には意外と回線が止まっていても環境によっては利用できる機能が多いのです。

 

電話をかけるということは出来ませんが、着信なら出来るというキャリアの携帯電話もあります。SMSというショートメッセージも送信は出来ないものの受信は可能な場合もあります。

 

wifi環境下では使える機能あり

何よりもWiーFiが整っているという環境下であれば結構色々なことが利用できます。たとえば、Eメールの送受信は可能ですしインターネットに接続も可能となります。

 

LINEだってTwitterだってFace bookにおいても利用が可能なのです。

 

つまり、通常でも通信料金がかからないWi-Fiの環境下ならほとんどのことが出来てしまうということになるのです。ですから、回線が止まってしまった携帯電話も無用の産物というようなことはないということになります。

 

ただ、いずれにしてもWi-Fiのない外出先などではほとんどのことが出来ないということになるので不便であることには間違いはないのですが。

 

このように携帯代が払えないでも一定のことは出来る可能性があります。もちろん、だからと言ってずっと携帯代を支払わずに滞納していて良いというわけではありません。少しでも携帯が利用できているうちの間に何とかして支払いが出きるように手立てを考えましょう。

関連ページ

回線停止
最悪なことですが、回線停止もあり得ます。回線停止を免れるために備えて準備をすることが大切です。
回線を復活されるには
支払いができれば回線も復活するということになるのですが、その際は基本的に滞納している金額を全額支払わないといけません。
携帯代が払えないために余分に発生する費用
携帯代を払えないで放っておくと本来なら不要な費用がかかってくることがあります。通常、決められた支払日に携帯代が支払えないということになると請求書が送られてきます。支払日から2週間後が期限となっている新たな請求書です。
強制解約について
支払日に携帯代が払えないで新たな請求書が送られてきたにもかかわらず支払いをしなかった状態で暫くほうっておくと携帯電話の契約が強制解約されます。