携帯代が払えないために余分に発生する費用

 

携帯代を払えないで放っておくと本来なら不要な費用がかかってくることがあります。通常、決められた支払日に携帯代が支払えないということになると請求書が送られてきます。支払日から2週間後が期限となっている新たな請求書です。

 

この時点までに支払いを行ってしまえば特に余計な費用はかかってきません。ところが、この請求書に対しても支払いができないで放っておくと延滞に対する利息や後日に支払いを行う際に様々な手数料などがかかってくるということになるのです。延滞に関する利息は通信料と携帯端末にかかってくる利率は変わってきます。

 

通信料に対しては年利14.5%、端末に関しては年利6%程度がかかってくるのが一般的なようです。また、請求書が発行されるたびに一回につき100円がかかってきますし、振り込みの際に振込用紙を発行してもらうと1回につき200円がかかってきます。その上に、支払い時にも各キャリアのショップで手続きをするのではなくコンビニやクレジットカードで支払いを行うとなると支払い手数料が100円から300円ほどかかってくることになるのです。このように携帯代が払えないで放っておくといざ支払うということになると合計すると1,000円程度も本来は必要が無いような費用を負担しなくてはいけないようになる可能性もあるのです。

 

支払期日までにしっかりと支払いを行っていれば一切負担が必要なかったものも支払いが遅延することで全ての費用を負担しなくてはいけないということになるのです。

関連ページ

回線停止
最悪なことですが、回線停止もあり得ます。回線停止を免れるために備えて準備をすることが大切です。
止められても利用できる機能がある
何をしようにも何にも使えないのだから持っていても意味が無いということになる。そんな気がしますが、実際には意外と回線が止まっていても環境によっては利用できる機能が多いのです。
回線を復活されるには
支払いができれば回線も復活するということになるのですが、その際は基本的に滞納している金額を全額支払わないといけません。
強制解約について
支払日に携帯代が払えないで新たな請求書が送られてきたにもかかわらず支払いをしなかった状態で暫くほうっておくと携帯電話の契約が強制解約されます。