スマホや携帯の強制解約

 

回線が止められてもWi-Fiがあれば利用できる機能が多いからしばらくは支払いを待ってもらおうというような都合の良い考えを持ってはいけません。

 

携帯代が払えないというのは実は放っておくととても困ったような事態になる可能性があるのです。支払日に携帯代が払えないで新たな請求書が送られてきたにもかかわらず支払いをしなかった状態で暫くほうっておくと携帯電話の契約が強制解約されます。

 

キャリア側から一方的に解約をされるのです。

 

お金を支払っていないのですから文句の言いようもありません。だったら、他のキャリアで契約をしたら良いという考え方をする人もいるようですが、これも残念ながらかないません。

 

強制解約をされると他のキャリアにも料金滞納者として情報が行くからなのです。そのため、他のキャリアでも携帯電話の契約はできなくなってしまうのです。つまり、携帯電話がない生活をしないといけないということになるのです。

 

また、多くの人の場合には端末を分割で支払っている人も多いことでしょう。そのような人は単に通信費が延滞しただけでなく商品の購入費用に対しても延滞を起こしたという事にもなり信用情報に影響を与えることになります。

 

ローンを新規で組むことができなくなったりクレジットカードやカードローンの作成などもできなくなってしまうのです。要は社会的に信用を失くすということになるのです。最低でも5年間において金融絡みのどの審査にもスルーすることは難しくなりますので単に携帯電話が使えないでは済まない話になってしまうのです。

関連ページ

回線停止
最悪なことですが、回線停止もあり得ます。回線停止を免れるために備えて準備をすることが大切です。
止められても利用できる機能がある
何をしようにも何にも使えないのだから持っていても意味が無いということになる。そんな気がしますが、実際には意外と回線が止まっていても環境によっては利用できる機能が多いのです。
回線を復活されるには
支払いができれば回線も復活するということになるのですが、その際は基本的に滞納している金額を全額支払わないといけません。
携帯代が払えないために余分に発生する費用
携帯代を払えないで放っておくと本来なら不要な費用がかかってくることがあります。通常、決められた支払日に携帯代が支払えないということになると請求書が送られてきます。支払日から2週間後が期限となっている新たな請求書です。