回線停止もあり得ます

携帯代が払えないという様な場面は起きてほしくないものですが、もしも実際に携帯代が払えないような事態になってしまうとどうなるのでしょうか。直ぐに頭に浮かんでくるのは携帯電話が止まる。

 

つまり回線が止まるということが想像できます。携帯代に関しては引き落としをされる該当月の料金というのは先月、もしくは先々月の分ということになります。

 

その月の携帯代がどれほどの金額になるのかというのは予めわかるわけですから、それに備えて準備をしておくというのは大切なことだと言えます。

 

決められた携帯代の支払日に支払いができなかった時、携帯電話の回線がすぐに止まってしまうということはありません。

 

ほどなくしてキャリアから請求書が届くはずです。その請求書は払込にも利用できるようになっています。

 

本来、支払いがされるべきだった金額が改めて請求されるというわけです。この請求書には支払い期限があります。概ね、元の支払日から2週間後の設定にされている場合が多いようです。

 

この期日までに携帯代を支払えることができれば特に問題は起きません。

 

つまり、本来の支払日から2週間は支払いに猶予を与えられるということです。

 

この新たな支払期日にも携帯代が払えないという事になるといよいよ回線が止まります。

 

かかってきた電話でも携帯電話の持ち主の都合で回線が止まっているという旨のアナウンスが流れてしまうのです。回線が止められるということは自分だけでなく他人にも告知をしてしまうことになるということを覚えておきましょう。

関連ページ

止められても利用できる機能がある
何をしようにも何にも使えないのだから持っていても意味が無いということになる。そんな気がしますが、実際には意外と回線が止まっていても環境によっては利用できる機能が多いのです。
回線を復活されるには
支払いができれば回線も復活するということになるのですが、その際は基本的に滞納している金額を全額支払わないといけません。
携帯代が払えないために余分に発生する費用
携帯代を払えないで放っておくと本来なら不要な費用がかかってくることがあります。通常、決められた支払日に携帯代が支払えないということになると請求書が送られてきます。支払日から2週間後が期限となっている新たな請求書です。
強制解約について
支払日に携帯代が払えないで新たな請求書が送られてきたにもかかわらず支払いをしなかった状態で暫くほうっておくと携帯電話の契約が強制解約されます。