支払いができれば回線も復活する

今や携帯電話は生活に密着しなくてはならないものです。携帯電話一つで何でも出来てしまうわけですから手放せないものと言っても良いでしょう。

 

そんな大切な携帯電話の携帯代が払えないという状況になると回線が止められ、いずれは解約をされてしまうということになるのですが、そんなことにならないようにどうやってでもお金の都合をつけて支払いをしなくてはいけません。支払いができれば回線も復活するということになるのですが、その際は基本的に滞納している金額を全額支払わないといけません。

 

一部だけの支払いだと回線は復活しない可能性があるということは理解しておきましょう。回線を復活させるための支払の方法にはいくつ可能方法があります。

 

  • キャリアのショップ

一つはキャリアのショップに行って手続きをするということです。支払い完了後30分程度で回線は復活するはずです。

  • コンビニにて振込用紙

コンビニにて振込用紙で支払いをするということも可能です。24時間支払いをするのは可能なのですがキャリアによっても多少の時間の違いはあるかもしれませんが、概ね8時から20時の間に支払ができればものの5分程度で回線は復活します。それ以外の時間になると翌日の回線復活となります。

  • クレジットカードで支払い

クレジットカードで支払いをするという方法もキャリアによっては可能となっています。これらのことは各キャリアの細かいことは確認をして手続きを行うと良いでしょう。このように支払いをすることは簡単です。

 

携帯代が払えないで止められた回線の復活にも特別な手続きがいるわけではないのです。

 

携帯代が払えない場合の窮地を乗り切る方法|トップページ

関連ページ

回線停止
最悪なことですが、回線停止もあり得ます。回線停止を免れるために備えて準備をすることが大切です。
止められても利用できる機能がある
何をしようにも何にも使えないのだから持っていても意味が無いということになる。そんな気がしますが、実際には意外と回線が止まっていても環境によっては利用できる機能が多いのです。
携帯代が払えないために余分に発生する費用
携帯代を払えないで放っておくと本来なら不要な費用がかかってくることがあります。通常、決められた支払日に携帯代が支払えないということになると請求書が送られてきます。支払日から2週間後が期限となっている新たな請求書です。
強制解約について
支払日に携帯代が払えないで新たな請求書が送られてきたにもかかわらず支払いをしなかった状態で暫くほうっておくと携帯電話の契約が強制解約されます。