格安SIMを利用する方法

 

携帯代が払えないという状況になるのを回避するためには携帯電話を持たないようにするか、必要な携帯代を安くなるようにするしかありません。

 

携帯代は毎月6,000円も8,000円もかかっているという人も結構いるでしょう。そんな時に検討する余地があると思われるものに格安SIMを利用するという選択があります。SIMカードは携帯電話で通話やインターネットを行うに必要となってくるカードでどの携帯電話を購入しても電話機に入っているカードとなります。このSIMカードを大手キャリアが提供しているのものではなくプロバイダーや有名企業が行っているサービスのSIMカードに変更をするのです。

 

きっちりと格安SIMに変更をすることができれば携帯代は半額もしくは、それ以下になる可能性があるので携帯代が払えないという事は起こらないかもしれません。これは大きな利点だといえるのですが、格安SIMを利用しようと思うのであれば自分が持っている携帯端末がSIMロックを解除できるようになっているのかどうか確認する必要があります。端末によってはSIMカードの変更が出来な場合もあるということです。また、SIMカードを変更しても電話番号はそのまま利用できるのですが、変更時に少し費用が必要になることは理解しておけなくてはいけません。

 

格安SIMの初期費用と電話番号を引き継ぐための手数料が必要となる他、それまで契約していたキャリアの契約解除手数料が必要となってきます。これらを合計すると15,000円程度は必要となります。それでも数ヶ月利用していれば必ず格安SIMにしたほうが安くなる、元は取れてしまうのです。

 

携帯代が払えない場合の窮地を乗り切る方法|トップページ

関連ページ

携帯代はいくらかかっているのか
携帯代に関しては多くの人が大雑把に毎月いくら位かかっているのかはわかっていても、完璧に理解している人はかなり少ないのです。
毎月の携帯代を確認してプランを変更
携帯代を節約しようと思うのなら格安スマホに乗り換えてしまうという方法もあります。それ以外には現在の契約しているプランを見なおしてみるというのも大切なポイントです。
携帯代を滞納中でも新規契約は出来るのか
携帯代を滞納中でも、新規契約すればいいんじゃないかと思っている人が結構いるようです。携帯料金の滞納を甘く見ていますね。
携帯代を現金でなくカードで支払う
現金ではなくクレジットカードでも支払いが実は出来るのです。