携帯代を現金でなくクレジットカードで支払う

 

通常は携帯代を銀行引き落としにしていても、携帯代が払えないということで引き落としがされなかった時は後日、請求書が送られてきてそれを元に現金を銀行やコンビニなどで支払いをしないといけません。

 

しかし、このような場合、現金も用意できないということも多いことでしょう。そんな際にはクレジットカードを持っているのなら話は変わってきます。現金ではなくクレジットカードでも支払いが実は出来るのです。大手キャリアに関して言えばソフトバンクやauであれば各キャリアのサイトのサポートページなどからクレジットカードでの支払いが可能になっています。

 

ドコモについてはクレジットカードをそのまま利用することは出来ないのですが、唯一セブンイレブンなどで利用できるnanacoであれば決済ができるようになっています。nanacoはクレジットカードを利用してもチャージができるので間接的に持っているクレジットカードを使えるということになるのです。このように手元にどうしても現金がないというような場合はクレジットカードでの利用も可能となっているのです。

 

クレジットカードを持っているものの日頃からあまり使用していないので決済に用いることに抵抗がある人もいるかもしれませんが現金が用意できずに携帯代が払えない状況となり、携帯の使用が止められたり強制的に解約されてしまうようなことまで至ってしまうことを思えば十分に納得できる選択だということも言えるのではないでしょうか。

 

クレジットカードも使いようによっては非常に役に立つのです。

 

関連ページ

携帯代はいくらかかっているのか
携帯代に関しては多くの人が大雑把に毎月いくら位かかっているのかはわかっていても、完璧に理解している人はかなり少ないのです。
毎月の携帯代を確認してプランを変更
携帯代を節約しようと思うのなら格安スマホに乗り換えてしまうという方法もあります。それ以外には現在の契約しているプランを見なおしてみるというのも大切なポイントです。
携帯代を滞納中でも新規契約は出来るのか
携帯代を滞納中でも、新規契約すればいいんじゃないかと思っている人が結構いるようです。携帯料金の滞納を甘く見ていますね。
格安SIMを利用する
格安SIMを利用する理由です。携帯代が払えないという状況になるのを回避するためには携帯電話を持たないようにするか、必要な携帯代を安くなるようにするしかありません。