新規契約はできるの?

携帯代が払えないという事態に陥り請求書が送られてきて、それに対して支払いが出来たのであれば特に問題はないのですが、やはり支払いをすることが出来ずに延滞をしてしまったり、最悪な強制解約になったような時には携帯電話は利用できないとうことになります。

 

そうなると違うキャリアで新規で契約ができるのなら新たな携帯電話を持てるということになるのですが世の中、そんな上手くはいけません。

延滞や強制解約に至ってしまった場合にはその情報は他のキャリアなどにも行ってしまうのです。

各キャリア同士でそうした情報を共有しているからです。つまり、携帯代が払えない状況が続いていると新規で新たな契約をするということはできないのです。

 

どうしても新規で契約がしたいというのであれば延滞している携帯代を全て支払わないといけないのです。ただし、強制解約にまで至ってしまった場合には信用は地に落ちていると言っても良いでしょう。たとえ滞納している携帯代を全てきっちり支払ったとしても新規で携帯電話の契約をすることは出来ないのです。

 

情報は共有されている

これはキャリアを変更しても同じです。情報は共有されているのですから。最低でも5年は契約できないと思っておかないといけません。

 

場合によっては5年を過ぎても無理な場合もあるようです。強制解約になると一般的なローンを組んだりクレジットカードに申し込んでも審査をクリアするのは無理となる可能性が高いです。

 

携帯代の滞納は長きに渡り携帯電話を持つことが出来ない可能性や思わぬところに影響が出ることもあるということを忘れてはいけません。

関連ページ

携帯代はいくらかかっているのか
携帯代に関しては多くの人が大雑把に毎月いくら位かかっているのかはわかっていても、完璧に理解している人はかなり少ないのです。
毎月の携帯代を確認してプランを変更
携帯代を節約しようと思うのなら格安スマホに乗り換えてしまうという方法もあります。それ以外には現在の契約しているプランを見なおしてみるというのも大切なポイントです。
格安SIMを利用する
格安SIMを利用する理由です。携帯代が払えないという状況になるのを回避するためには携帯電話を持たないようにするか、必要な携帯代を安くなるようにするしかありません。
携帯代を現金でなくカードで支払う
現金ではなくクレジットカードでも支払いが実は出来るのです。