携帯料金の延滞には気を付けるべし

携帯代が払えないからしばらく放っておこう。払えるときに払えば許してくれるだろう。そんな簡単に考えている人が残念ながら多いようです。特に世間を知らない若い人たちにこの傾向が見受けられます。

 

携帯代が払えなくなってしまう人も元より払うつもりがないというような人はいないでしょう。

 

なにか思いもしない突然の出費があって計画が狂うということもあるでしょう。携帯代の請求書を見て思ったよりも高額で支払いができなくなってしまったという人もいるでしょう。

 

事情は人それぞれあれども支払いをちゃんと予定通りに行わないといけないことに変わりはないのです。借りたものは必ず返す。これは小さな子供でも理解していることです。これを怠ると思わぬことになってしまうこともあるのです。やってはいけないことは、携帯代が払えないからと放置しておくということ、携帯代が払えないから解約して他のキャリアで契約しなおしたら良いという考え方です。

 

携帯代を滞納していると当然、支払いの催促が来ます。催促状に記載の期日までに支払いができれば問題は起こりません。ここでも支払いをしないと携帯の利用が止められます。さらに放置しておくと今度は強制的に解約をされます。他のキャリアで契約を新規に行うことも出来ません。滞納の情報はキャリア同士で共有されているのです。強制的に解約となると最終的には全く関係のないローンなども組めなくなることや裁判沙汰になることもあるのだということを覚えておきましょう。

関連ページ

日本の携帯電話料金は高いのか
日本の携帯電話料金は高いのか
ガラケーとスマホの料金の違い
携帯電話は大きく分けてガラケーとスマートフォンの二つのタイプに分かれます。実際には両者の基本料金は各キャリアを比べても同一でその差は500円程度です。
スマートフォン契約の罠
多くの人が実質0円に惹かれてスマートフォンの契約をしているのが現状です。まさに、ここに罠があるのです。
携帯代の滞納者はどのくらいいるのか
スマホの販売台数の伸びに平行して携帯代が払えないという料金延滞利用者が増えてくる傾向にあります。