携帯代の滞納者の数は?

携帯代を払えなくなってしまう。いわゆる支払いの滞納をしている人たちがもの凄い勢いで増え続けていると言います。今の携帯電話はスマートフォンがドンドン普及しているのが現状です。

 

スマートフォンは端末の値段が高く5万円や8万円もしても普通だというような状態です。かなり高い買い物ということになるので特に若い人ほど分割払いで購入するというケースが増えてきています。この端末の分割金に加えて通信料がかかってくるということになりますから毎月の支払額というのも結構な金額となり結果として生活を圧迫してくる。携帯代が払えないと言うような状態になるのです。スマートフォンの普及により携帯電話の販売数自体も年々伸びているのが現状です。

 

販売台数の伸びに平行して携帯代が払えないという料金延滞利用者というものが増えてくる傾向にあります。その件数は300万件にも及ぶと言われています。この数字はこの2年程度で倍近くも増えてきているという数字で滞納者の件数がいかに凄い増え方をしているのか、事態がいかに深刻であるのかを物語っているとも言えるのです。この伸びの原因大きな部分を占めるのがガラケーからスマートフォンへの買い替えやスマートフォンの機種変更によるものだと言われています。

 

確かに今時は若い人たちにとってはスマートフォンを持っていないと置いて行かれるという感覚になるのもわからないではありません。それでも、自分の収入にあった身の丈にあった携帯を使用し契約をすることを忘れてはいけないのです。

関連ページ

日本の携帯電話料金は高いのか
日本の携帯電話料金は高いのか
ガラケーとスマホの料金の違い
携帯電話は大きく分けてガラケーとスマートフォンの二つのタイプに分かれます。実際には両者の基本料金は各キャリアを比べても同一でその差は500円程度です。
スマートフォン契約の罠
多くの人が実質0円に惹かれてスマートフォンの契約をしているのが現状です。まさに、ここに罠があるのです。
携帯料金を延滞して他キャリアへ乗換えると最悪ローンが組めなくなる
携帯料金が払えないからしばらく放っておいて延滞してしまえ。延滞しても払えるときに払えば許してくれるだろうなんて考えるのは危険ですよ。