携帯電話はスマホとガラケーの二タイプ

携帯電話は大きく分けてガラケーとスマートフォンの二つのタイプに分かれます。

 

人によってはガラケーしか利用していない人もいればスマートフォンしか利用していない人もいるでしょう。中にはガラケーもスマートフォンも持っているという人もいたりします。

 

使い勝手の良さから機種を選んでいる人もいるでしょう、必要用途によっても選ぶ機種は変わってくるのです。

 

日本ではスマートフォンの普及率は6割弱だと言われています。世界の他の国と比べるとガラケーの比率が高い方の国だとも言われているのです。

 

これは日本のガラケーの機能がおサイフ携帯を始めとして高機能であるためにスマートフォンまで必要と感じない人達が多いためだとも言われています。

 

ガラケーとスマートフォンの料金の違い

ここのところ携帯代が払えないという人たちも出てきたりして携帯代のことが何かと話題になりますが、ガラケーとスマートフォンの料金の違いに付いても気になるところです。

 

一般的にガラケーのほうがスマートフォンよりも料金が安いというイメージがありますが、実際には基本料金は各キャリアを比べても同一でその差は500円程度です。これにパケット代やネット接続料金などがプラスされるということになるのです。

 

平均をするとガラケーで月に6,00円程度、スマートフォンで月に6,500円程度の費用が必要ということになるのです。思ったほどガラケーとスマートフォンの料金の違いはありません。

 

携帯代が払えないというような人は自分にとって使うことのない機能が入った料金プランを排除するなどの吟味をすることが重要なのです。

関連ページ

日本の携帯電話料金は高いのか
日本の携帯電話料金は高いのか
スマートフォン契約の罠
多くの人が実質0円に惹かれてスマートフォンの契約をしているのが現状です。まさに、ここに罠があるのです。
携帯代の滞納者はどのくらいいるのか
スマホの販売台数の伸びに平行して携帯代が払えないという料金延滞利用者が増えてくる傾向にあります。
携帯料金を延滞して他キャリアへ乗換えると最悪ローンが組めなくなる
携帯料金が払えないからしばらく放っておいて延滞してしまえ。延滞しても払えるときに払えば許してくれるだろうなんて考えるのは危険ですよ。